読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Javaな日々

NO JAVA, NO LIFE.

CentOS に GlassFish をインストールする

環境

手順

  1. JDK をインストール.

    [admin ~]$ wget http://download.oracle.com/otn-pub/java/jdk/7u10-b18/jdk-7u10-linux-x64.rpm?AuthParam=1357419969_757bfc23a48c53055c2b34a0b9691ef7
    --2013-01-06 06:04:32--  http://download.oracle.com/otn-pub/java/jdk/7u10-b18/jdk-7u10-linux-x64.rpm?AuthParam=1357419969_757bfc23a48c53055c2b34a0b9691ef7
    download.oracle.com をDNSに問いあわせています... 210.149.135.46, 210.149.135.31
    download.oracle.com|210.149.135.46|:80 に接続しています... 接続しました。
    HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
    長さ: 109839764 (105M) [application/x-redhat-package-manager]
    `jdk-7u10-linux-x64.rpm?AuthParam=1357419969_757bfc23a48c53055c2b34a0b9691ef7' に保存中
    
    100%[================>] 109,839,764 17.4M/s 時間 6.1s    
    
    2013-01-06 06:04:38 (17.3 MB/s) - `jdk-7u10-linux-x64.rpm?AuthParam=1357419969_757bfc23a48c53055c2b34a0b9691ef7' へ保存完了 [109839764/109839764]
    
    [admin ~]$ mv jdk-7u10-linux-x64.rpm\?AuthParam\=1357419969_757bfc23a48c53055c2b34a0b9691ef7 jdk-7u10-linux-x64.rpm

  2. rpm コマンドでインストール.

    [admin@www3204ui ~]$ sudo rpm -ivh jdk-7u10-linux-x64.rpm 
    [sudo] password for admin: 
    準備中...                ########################################### [100%]
       1:jdk                    ########################################### [100%]
    Unpacking JAR files...
    	rt.jar...
    Error: Could not open input file: /usr/java/jdk1.7.0_10/jre/lib/rt.pack
    	jsse.jar...
    Error: Could not open input file: /usr/java/jdk1.7.0_10/jre/lib/jsse.pack
    	charsets.jar...
    Error: Could not open input file: /usr/java/jdk1.7.0_10/jre/lib/charsets.pack
    	tools.jar...
    Error: Could not open input file: /usr/java/jdk1.7.0_10/lib/tools.pack
    	localedata.jar...
    Error: Could not open input file: /usr/java/jdk1.7.0_10/jre/lib/ext/localedata.pack

  3. GlassFish 本体 (glassfish-3.1.2.2-ml.zip) を ここ からダウンロード.

    [admin@www3204ui ~]$ wget http://dlc.sun.com.edgesuite.net/glassfish/3.1.2.2/release/glassfish-3.1.2.2-ml.zip
    --2013-01-06 08:18:48--  http://dlc.sun.com.edgesuite.net/glassfish/3.1.2.2/release/glassfish-3.1.2.2-ml.zip
    dlc.sun.com.edgesuite.net をDNSに問いあわせています... 210.149.135.13, 210.149.135.29
    dlc.sun.com.edgesuite.net|210.149.135.13|:80 に接続しています... 接続しました。
    HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
    長さ: 103538855 (99M) [application/zip]
    `glassfish-3.1.2.2-ml.zip' に保存中
    
    100%[================>] 103,538,855 15.4M/s 時間 8.9s    
    
    2013-01-06 08:18:57 (11.1 MB/s) - `glassfish-3.1.2.2-ml.zip' へ保存完了 [103538855/103538855]
    </li>
    
    <li>[admin ~]$ sudo vi /etc/sysconfig/iptables

    iptable でポートを GlassFish 用に開けておく.以下は例.各自の環境に合わせて編集.

    -A INPUT -p tcp --dport 4848 -j ACCEPT
    -A INPUT -p tcp --dport 8080 -j ACCEPT
    -A INPUT -p tcp --dport 8181 -j ACCEPT
    -A INPUT -p tcp --dport 3820 -j ACCEPT
    -A INPUT -p tcp --dport 3920 -j ACCEPT
    -A INPUT -p tcp --dport 3700 -j ACCEPT
    [admin ~]$ sudo /etc/rc.d/init.d/iptables restart
    iptables: ファイアウォールルールを消去中:                  [  OK  ]
    iptables: チェインをポリシー ACCEPT へ設定中filter         [  OK  ]
    iptables: モジュールを取り外し中:                          [  OK  ]
    iptables: ファイアウォールルールを適用中:                  [  OK  ]

  4. インストール.

    [admin ~]$ unzip glassfish-3.1.2.2-ml.zip
    [admin ~]$ sudo mv glassfish3/ /usr/local/

  5. GlassFish を起動.

    [admin ~]$ cd /usr/local/glassfishv3/glassfish/bin
    [admin bin]$ sudo ./asadmin start-domain domain1
    domain1の起動を待機しています ........
    domain が正常に起動されました: domain1
    domain 場所: /usr/local/glassfishv3/glassfish/domains/domain1
    ログ・ファイル: /usr/local/glassfishv3/glassfish/domains/domain1/logs/server.log
    管理ポート: 4848
    コマンドstart-domainは正常に実行されました。

  6. admin ユーザーの設定

    [admin ~]$ /usr/local/glassfish3/bin/asadmin --host localhost --port 4848
    asadmin> change-admin-password
    管理ユーザー名を入力してください[デフォルト: admin]> admin
    管理パスワードを入力してください> 空Enter
    新しい管理パスワードを入力してください> 任意のパスワード
    新しい管理パスワードをもう一度入力してください> 再入力
    コマンドchange-admin-passwordは正常に実行されました。
    asadmin> enable-secure-admin
    管理ユーザー名を入力してください>  admin
    ユーザー"admin"の管理パスワードを入力してください> 
    セキュリティ保護された管理に対する変更を有効にするには、稼働中のすべてのサーバーを再起動する必要があります。
    コマンドenable-secure-adminは正常に実行されました。
    asadmin> stop-domain
    ドメインの停止を待機しています .....
    コマンドstop-domainは正常に実行されました。
    asadmin> start-domain
    domain1の起動を待機しています .......
    domain が正常に起動されました: domain1
    domain 場所: /usr/local/glassfish3/glassfish/domains/domain1
    ログ・ファイル: /usr/local/glassfish3/glassfish/domains/domain1/logs/server.log
    管理ポート: 4848
    コマンドstart-domainは正常に実行されました。

    ブラウザから XXX.XXX.XXX.XXX:4848 にアクセスして管理画面が開くことを確認.